~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】アンフェア(11・終)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】アンフェア(11・終)
 最近ちょっとばかし多忙なため、遅れに遅れている「レビュー」ですが、とりあえずこのドラマだけは「周回遅れ」にならずにゴールまでたどり着くことが出来ました。ではでは、感想をどうぞ。

 ・・・とりあえず、「瑛太が真犯人でした」という「真相」には、二つの問題があった。一つは、瑛太木村多江に撃たれてるじゃねーかということで、いくら劇中で瑛太自らが「僕時々へまするから」とエクスキューズしていたとはいえ、死んじゃシャレにならんだろという話もあるし、そもそも「黒幕」だった瑛太が、共犯者の濱田マリに裏切られてショックを受けている(=何をするか分からない)木村多江のところに行く、という展開にはムリがある。これは、言い繕えない佐藤嗣麻子脚本の凡ミスだ。

 もう一つは、正体がバレた時の瑛太の演技で、復讐をしながらも、一方でどうしようもなく篠原涼子に惹かれている・・・という部分の演技はナチュラルで良かったのだが、「真犯人」として真相を吐露する部分は明らかに迫力不足。わざと感情を切り落とした演技をしようとしていたのかもしれないが、演技が平板で、ヘタしたら棒読みとすら取られかねないものがあった。

 ・・・とまあ、最後の最後まで来てオチがスベったと言わざるを得ない展開だったわけだが、それでも3つの事件を破綻なくまとめ上げてきたこれまでの展開には敬意を表すべきものがあったし、「復讐者」である瑛太が、一方で関わりあい過ぎた篠原涼子に対して、恋心を抱いていた・・・という展開の切なさは、前述の問題点を加味しても印象に残るものがあった。最後の最後、篠原涼子が驚愕に目を見開いて・・・という中途半端な後味の悪さは全くもって不必要な、悪趣味なものだったが、それでも、「連続ドラマ」のミステリー作品として見た場合には、なかなか評価できるドラマだったのではないだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:アンフェア - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
農地法ガイド
農地法の検索サイト。第5条、施行規則、第3条、4条、3条など農地法に関する各種情報をお届けしています。 http://favorite5.atmormortgage.com/
2008/08/24(日) 03:45:51 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/10/25(土) 10:25:53 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/01/05(月) 20:51:03 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/05/20(水) 21:46:15 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/05/21(木) 00:30:42 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/05/21(木) 03:15:10 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。