~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】1リットルの涙(2)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】1リットルの涙(2)
 うーん、やはり王道中の王道というか、悪く言えばベタでーす@安田大サーカスというか・・・。ただ、正直どうかと思うのは、1時間の中で誰かしらが涙を流しているシーンが多すぎて、「感動」のインフレ状態になっていること。確かにタイトルを見ても話の筋を見ても、視聴者の涙を絞りたいのは分かるのだが、あれだけ「感動」や「悲しみ」を安売りされると、見ている側としても麻痺してしまう。また、村上正典の演出もホント正統派だしねぇ・・・。なんというか、1時間見ていて「ハッ」とさせられる部分に、どうも欠けているのがちょっと残念だ。

 あと、話の展開そのものとは関係ない部分だが、藤木直人の医師の演技は、あんな暗くて冷たい医者じゃ患者が不安がるだろという気がしてならない。まだまだ若い患者の、親に病気を告知するときとかは、事実を受け入れさせるために冷酷な部分があっても良いとは思うが、全編それで押し通されると、ちょっと違うんじゃないのという気がする。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。