~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】1リットルの涙(3)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】1リットルの涙(3)
 このドラマで主演に抜擢されている沢尻エリカについては、「あいくるしい」に出ていた時もちょっと気になっていたのだが、なかなか良いですな。今回で言えば、パソコンで「脊髄小脳変性症」という自分の病名を知った後の錦戸亮との会話や、家に帰ってからの家族との会話など、激情を抑えようとしつつも、どうしてもにじみ出てしまう部分の感情の見せ方が上手く、これから自分が知るかもしれない運命に立ち向かおうとする姿、そして自らの運命を知った後の、これまた抑えきれないやりきれなさなど、これから「難病もの」のヒロインとして、哀れっぽくならずに強い美しさを見せてくれるのではないか、という期待を感じさせる演技だった。

 話の内容としても、今回は「告知」の段階だったわけだが、そこで単に主人公が泣き叫ぶ・・・というのではなく、先に感づいている、という設定が効果的で、沢尻エリカの「不安定さ」が、錦戸亮とのシーンでは青春ドラマのそれとしても見応えのあるものだった。今回の脚本は大島里美だったが、なかなかの仕事ぶり。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。