~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】大奥~華の乱~(5)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】大奥~華の乱~(5)
 いやー、ラストがアツかった!!藤原紀香があんな表情を見せるとは・・・。なかなかやりますな。

 正直、今回は、川村泰祐の演出も中盤でだらけ気味なところもあったし(北村一輝と貫地谷しほりのシーンとか)、そんな大したことのない展開かな・・・と思っていたのだが、途中、内山理名と小池栄子、それぞれの子供の、兄弟としての関係を通じて、あくまで「平和主義」を貫く内山理名と小池栄子が心を通わせかけたり、一方でそれでも小池栄子が内山理名の子供を殺そうとしたりするあたりからグッとひきつけられる感じだったし(特に、こと今回にまで到ると、小池栄子の存在には「悲哀」すら感じられ、やりきっているが故の魅力が感じられるようになってきた。この使い方は上手い)、そして最後には藤原紀香のアレですよ。
 
 これまで藤原紀香は抑え気味の演技が続いてきただけに(抑え方が足りなくて「ベタ」に堕している部分もあったが)、今回一気に爆発!という感じで、ここからは女の戦いという舞台に上がる役者が増え、いよいよ物語がヒートアップしてくるのでは・・・という期待感がある。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。