~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【観戦記】J1リーグ第30節 vsヴィッセル(Home)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【観戦記】J1リーグ第30節 vsヴィッセル(Home)
結果だけ見れば「降格寸前のチームに実力差どおりの快勝」というところだが、試合の実情は決してそれほど甘やかなものではなかった。

 
 立ち上がり、どちらかといえばヴィッセルペースになってしまった要因は、久野の出場停止で注目されたダブルボランチの組み合わせにあったように思う。天皇杯佐川急便東京戦でも露呈してしまったが、この攻撃的な2人のコンビには、ボランチラインでのボール奪取力の低下という個人能力面の問題に加えて、どちらが上がり、どちらが下がるのかという役割分担が谷口や久野と組んだときと比べて明確にならず、時に相手の中盤から飛び出してきた選手に対するマークが甘くなるという弊害がある。立ち上がりはこの問題点が、ヴィッセルのトップ下の位置から飛び出してくるイヴォのマークがずれるという形で象徴的に現れ、それが守備ブロック全体でのマークの混乱を招いていた。

 ただ、先制点と前後してこの問題点が修正されてからは、手詰まりになると外からのアーリークロスか播戸の飛び出しを狙った縦一発のパスくらいしか選択肢が無く、戦術的な崩しの感じられないヴィッセルの攻撃に対して、問題なく対応することに成功。攻撃は中央からの崩しが多く、中央低めにゾーンを設定して待ち構えているヴィッセル守備陣に対して効果的な攻撃ができていなかったが、もはや神技の域に達しているマルクスのセットプレーで先制すると、次第に攻撃も好転する中で、久々炸裂のアウグスト神FK(試合再開後もコールに合わせてダンスダンスダンス!!)で2点のリードを奪って前半が終了。これがチームの勢いの差か・・・と感じさせられる展開だった。

 前半をリードして終えられれば、これはもうフロンターレの得意中の得意の形、低い守備ブロックを維持してのカウンターが炸裂・・・するはずだった。いや実際、炸裂していないわけではなかったのだが、フロンターレにとって不運な判定もあってなかなか追加点が奪えず、そうこうするうちに次第に攻勢を強めてきたヴィッセルに対して、セカンドボールすら奪えなくなって(これは前述のボランチラインでのボール奪取力とも関係している)押し込まれる展開に。その中で播戸にゴールを奪われ、ヴィッセルにとっての「希望」が見える状況で和多田・三浦淳が投入されるという、フロンターレにとってできれば避けたかった展開に持ち込まれてしまった(これはもはや最近言い飽きた感もあるが、今日も原田に代えて相馬を投入するのが20分早くても良かった)。

 結果的には、攻撃的にはなったものの、交代選手をチーム戦術の中でどう生かすかが明確でなかったヴィッセルの攻撃にも救われ、最後の最後でようやくカウンターから決定的な3点目を奪えたこともあり、無事「サプライズなし」の勝利を収めることが出来たが、試合終了ギリギリまで1点差という、比較的冷や汗の出る試合展開となってしまった。まあ、「もともとフロンターレとヴィッセルの間にそれほどの差はないのだ」という冷めた現状認識に立てば、きっちり勝ち点3を取りきったこの結果は、満足すべきものかもしれない。ただ、贅沢な私は、もっと力の差を見せ付けての勝利を期待していただけに、若干の物足りなさを感じてしまった。

この、「快勝」どまりで「圧勝」とならなかった要因は、主に遅攻時の攻撃にあると私は考えている。押されている中で1点を奪われた守備に関しては、今日も組織として崩されるシーンはなかったし、中盤のボール奪取力についても、久野、さらには谷口が戻ってくれば、特に問題は無い。ただ、攻撃面については、相手が守備ブロックを下げて対応してきたときに、「困ったときのセットプレー」があるのは大きな武器なのだが、それだけに頼るのでは進歩が無いし、特定のキッカー(例えば、次節出場停止のマルクス)が抜けてしまったときに困ることになる。遅攻になった時の崩し方、特に、中央とサイドの連携について、今のフロンターレには改善する余地がある。具体的には、中から外、外から中という形で、連続した攻撃を仕掛けられるようにしたい。そのためには、チームとしてのバランスを維持しつつ、前線の3枚とウイングの選手の間でのポジションチェンジを増やすことで、チームとして意図的に中央又はサイドにスペースを作る、という狙いを、中央とサイドで複数同時に作り出せるようになるのが理想的だ。これまで、今シーズン関塚監督の下で、前線の選手同士のパス交換、あるいはボランチとのパス交換からのスペースの創出、さらにはサイドとボランチの連携という部分には、着実な向上が見られる。シーズン残り4試合となった今、さらに新たな課題として、この点に取り組むことで、チームとしての攻撃力をさらに向上させて欲しいところだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。