~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】1リットルの涙(6)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】1リットルの涙(6)
 タイトルやおそらくは制作者の狙いとは反して、ここまでのところ私は、1リットルはおろか1ミリリットルの涙さえもこのドラマに関して流してはいなかったが、今回初めて泣いた。

 ・・・というのも、今回のサブタイトルが「心ない視線」ということで、なんかベタな差別や中傷が話の本筋になっているんじゃ・・・と懸念していたのだが、あに図らんや、意外にも「赤の他人の視線」から、「『知り合い』レベルの人の同情の視線」(時に、それが沢尻エリカ本人にとって辛くもあるのだが)、そして「バカなガキの中傷」まで、様々な「視線」を複合的に織り込んでいて、かつそれらに対する沢尻エリカの心の動きや、家族の面々の対応と「絆」の確認(私はここで泣きました)まで、場面ごとに丹念に描写されており、今回の江頭美智留の脚本は、かなり良い仕事をしていたと言えるだろう。

 ・・・最後に、一点。今回話の展開上重要な役割を担った成海璃子だが、声を張り上げるシーンでは棒読みになってしまったのが目に付いた。惜しいね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。