~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【観戦記】11/23 J1リーグ第32節 vsジュビロ(Home)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【観戦記】11/23 J1リーグ第32節 vsジュビロ(Home)
 「内容では勝っていた」などという戯言には何の意味も無い。

 残った結果は「2点差で負けた」、そして勝ち点を一つも積み上げられなかった、という事実のみだ。
 確かに、内容ではフロンターレはジュビロに「勝っていた」。試合当初はプレスの掛けあいになったが、プレッシャーが掛かった状態でのパス交換と、それを保証するチームの連動性において、どのように山本監督がいつもの「人間力」を駆使して強弁しようとも、フロンターレの方が優れていたのは事実であり、ボールの出しどころに困ったジュビロの選手が後方にボールを下げることに起因する、(フロンターレにとって)高い位置でのパスカット連発と、対処に困ったジュビロDFが苦し紛れに蹴ったボールが直接タッチラインを割るというプレーが複数回あったことが、このことを明確に証明している。

 しかし、今日は出場停止明けでコンディションは良いはずのマルクスが精彩を欠き、トップ下の位置でパスミスを連発していたこともあり、チャンスの「手前」で自らその芽を潰してしまう場面も多く、それほど数の多くない決定機にも、シュートミスと最後に立ちはだかる川口能の壁に阻まれ、ゴールを奪えない。そうするうちに、自陣内低い位置でのマルクスのあり得ないパスミスからカウンターでゴールを奪われ、あとは恥も外聞も無くドン引きのジュビロに対して、攻撃の形は作るものの、クロスが合わなかったりセットプレーの精度を欠いたりで(ここでもマルクスの不調が影響していた)攻めきれず、そのまま前半を終了。

 後半立ち上がりも、流れはフロンターレ。今日は本当に「ボールも人も良く動く」サッカーが出来ており、ペナルティエリアに入る前のところまでは意図的なスペースの創出と利用、さらにジュニーニョがサイドに流れて少しポジションを下げると、簡単に前を向かせてくれるようなジュビロ守備陣の甘さもあって(余談だが、フロンターレを相手にしてジュニーニョに「挟み込み」のDFをしないなど、監督がウチを舐めているか単に研究不足かのどちらかしかあり得ない。この一点を取っても山本監督の能力には疑問符がつくところだ)、良い形は作るのだが、決定機には至らない。そうこうするうちに20分過ぎからは次第に攻め疲れが出始め、逆にジュビロに本来得意としていたボール回しが戻ってくる。

 この流れは黒津を投入して4バック・3トップに変更し、最後の勝負に出るまで続いたが、いつものことながらこの交代はもう5分早くても良かった。黒津の入った後半34分から、フロンターレは一体となったスタジアムにも後押しされ、決定機を含むチャンスを量産したが、いかんせん残り時間が短い分、ジュビロ守備陣の集中力も持続するし、作れる決定機の数そのものにも限界があった。川口能もゴールマウスから外した状態での決定機をジュニーニョが外した直後に喰らったカウンターからの追加点は、リスクを取って攻めに出ている以上必然的なもので、これ自体は誰の責任でもない。ただ、問題はそこまでの過程にあり、試合を支配している時間帯で攻めきれなかったこと、そして単純に決定機を外したことが、この結果を招いたと言えるだろう。

 あえてもう一度言うが、今日、フロンターレはジュビロに「内容では勝っていた」。しかし、結果として0-2で負けたという事実は揺るがない。この間を埋めるのは、少なくとも今日に関しては、戦術的な観点ではないだろう。今日の試合内容は、フロンターレが関塚監督の下で進んでいる道が正しいことを明確に示している。あとはこの道を進み続けるとともに、今日の敗北の主因であった個人戦術及び個人技術の問題―単純なパスミスをしないということであったり、決定機を決めきるということであったり―を解消することで、今日のような不合理な事態を避けられるはずだ。その意味でも、「中2日で3連戦」の3戦目、次節のFC東京戦はフィジカル的にはきつい戦いになるであろうが、戦術的な水準を今日よりも落とさず、かつ個人のプレーの精度を上げることで、これ以上の連敗を阻止するとともに、5位以内という目標が困難になった今、ジュビロやFマリノスの追撃をかわし、「6位死守」を図って欲しいところだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。