~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】大奥~華の乱(7)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】大奥~華の乱(7)
 どうでも良いけど、「いつか敵を打つ」とか「大うつけじゃな」とか挙句の果てには暗殺計画とか、みんな綱吉(谷原章介)を悪く言いすぎ・・・ていうか、あの時代にあんな堂々と将軍の悪口言いまくれるのか??という疑問が湧いてきてしまった。もちろん、ドラマの本題とは関係ないのだが、こういうディテールで「嘘」がバレバレになってしまうと、フィクションの「世界」に入っていき辛くなってしまうというのは往々にしてあることなので、そこらへん、脚本・演出含めてもう少し注意していただきたいところ。

 ドラマの本筋としては、今回の展開だけを取り出してみても、やはり内山理名の「意志」あるいは「情念」の弱さが、このドラマの主人公としては魅力に欠ける。今回だけでも、谷原章介に生類憐みの令撤廃を意見してみたり、あるいは高岡早紀にそそのかされて暗殺を託され、迷ってみたりと、「立ち位置」が揺らぎすぎていて、「女の対決」あるいは男との対決にしても、何が物語の「軸」になっているのか、分かりづらくなっている感が強い。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。