~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【批評】ドラゴン桜(05年7月クール)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【批評】ドラゴン桜(05年7月クール)
 この作品の特徴は、「偏差値30台のバカ高校から現役東大合格」という明確な「ゴール」が設定されている中で、それを目指して山下智久・長澤まさみら生徒達が努力していく様子を、受験テクニック的なものを次々と繰り出しながら、徹底的に「軽く」見せていることである。この作品全体に漂う「軽さ」は、塚本連平を始めとする演出陣の、MMJっぽい(この製作会社はかつて、テレ朝月8枠で学園ドラマをよく作っていた)良くも悪くもお手軽な作りの演出によるところも大きいが、秦建日子の脚本なども合わせて考えると、この作品は作り手全体が、ライトな作りを目指して作っていたであろうことが伺える。それは例えば、主演の阿部寛が社会の現実を突きつけるような、おそらくこれまでの「学園ドラマ」ではタブーとされていたと思われるようなことを決めゼリフ的に言うことで、物事が比較的「簡単に」動いていったりすることとか、もっと端的に言えば毎回ほぼ必ず「受験テクニック」的な内容を織り込み、しかもそれをCGなども使いながら、バラエティ番組におけるVTRのような作りで見せたりするところに現れているが、これらの作り方は、それが全編に渡って徹底されていることで、1時間を通してとにかく「見やすい」ドラマを作ることに成功していた。

 ただ、この作品は「軽さ」の中にも、阿部寛の社会と自分との関係に対する冷静な分析や、今の教育や大人の「建前」に対するアンチテーゼとしてのメッセージが織り込まれていて、決して「浅い」内容の作品とはなっていない。残念ながら、生徒達の周辺環境、特に親との関係については陳腐なものが多かったため、こうした「深み」の感じられる内容は、主に阿部寛の出てくる場面に限られていたが、それでも、主演の阿部寛のさすがの演技、人生の渋みを知った上で、それでも自分なりの希望を捨てないという役どころの、豪快な強さと計算された緻密さ、さらにほんのわずか織り込まれる暖かさというバランスの絶妙な使い分けの力もあって、大変魅力的なものになっていた。「軽さ」との両立という意味では、少なくとも一定程度満足できるものになっていたと言えるだろう。

 しかし、前述の生徒達の親子関係のように、やはり「軽さ」が「浅さ」に転化してしまっていた場面も散見された。それは物語のクライマックスにおいても感じられ、単調な受験の合否を追う展開に変化をつけるためであろうが、長澤まさみの母親である美保純が倒れることで山下智久が腕を骨折したり、中尾明慶が弟の策略で腹痛を起こしたりと(ちなみに、この「優秀だが性格の歪んだ弟」は物語上完全に便宜的な存在であり、最後も結局「東大に不合格になった」というだけでその後何のフォローもされていなかった。こうした登場人物の存在そのものが作品に対して減点材料となるものだ)、試験を受ける上での「障害」を作為的に作り出すことで話を盛り上げようとする姿勢は、あまりに安易なものと言わざるを得ない。

 この作品、ジャンルとしてはいわゆる「学園ドラマ」でありながら、メインテーマは教師と生徒の関係や、生徒の内面ではなく、あくまで「東大合格の成否」である。従って、必然的にそのための学習や試験といった、ドラマとして表現しづらいシーンが多かったのだが、それをライトな作りでエンタテインメントとして作り上げた脚本・演出を始めとする作り手のセンスは、高く評価できる。ドラマとしての完成度には物足りなさもあったが、見ていて「楽しめる」作品だったこと、そして明確な「ゴール」が達成できるか否か、という点で「先が気になる」作品でもあったことは、この作品の印象を大変良いものにしている。

支持率:22.5% 評価:B
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。