~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】大奥~華の乱~(8)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】大奥~華の乱~(8)
 なんか、今回えらいコントチックな展開多くない??・・・まあ所詮ことが「お犬様」だけに、きちっきちっと作っても仕方ない部分はあるにせよ、川村泰祐の演出は今回いきなり笑いを取る方向に話を振っていて、ちょっと驚いた。ただ、表情のアップから入る「間」の取り方など、真剣に見せるところとのコントラストはわきまえていて、全体の出来としてはなかなかのもの。てっきり林徹の仕事かと思ったのだが・・・(林徹は「あなたの隣に誰かいる」でもああいう笑いを取る演出をしていたし)。なかなかですな。

話としては、もはや完全に内山理名は情念の「戦い」からはかやの外で、周囲の智謀に長けた人物達の思惑に乗って、その時その時の「意志」(ここだけは唯一このシリーズの主人公らしさが辛うじて残っているところ)で行動しているに過ぎない。あとは、周囲の面々がどう盛り上げていくか・・・というところだが、今回は江波杏子が魅せてくれた。ていうか「情念」入りすぎてて怖いよ。 (もちろん誉めてます)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。