~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】1リットルの涙(10)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】1リットルの涙(10)
 正直、今回は見てるのが辛かったなぁ。というのも、話の主題であるこの病気そのものが、「頑張ってどうにかなる」類のものではないのは初めから分かっていることではあるのだが、それにしても、今回の展開は、「辛い中でも頑張って行こう」ではなく、沢尻エリカは頑張っているにも関わらず、むしろ諦めていかなければならない話だったから。

 まあ正直言って今回のサブタイトル「ラブレター」を見た時点で、その手紙で錦戸亮に別れを告げる展開になるのは予想がついていたので、見ているこちらとしては「悲しみの感動」というよりは、ただただ「辛い」というのが先に立ってしまい、エンタテインメントとしてはどうかという部分はあるが、病状がここまで進行した設定の中でも、沢尻エリカのひたむきな演技からは感じさせられるものがある。あとは最後まで、どう「生ききる」姿を描くのか。このドラマ、結末は初めから決まっているわけだから、そこに到る過程、特に、最後の段階に来てただ「良く頑張った」だけでない、沢尻エリカが生き抜いた証としての「何か」に期待したいところだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。