~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】大奥~華の乱~(9)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】大奥~華の乱~(9)
 前回「怖いよ」と述べたが、今回も江波杏子の迫力には圧倒されっぱなしだった。なんていうか、実力があるっていうのはこういうことを言うんだな、って感じ。あと、最近目に付くのは藤原紀香の「頑張ってる感」。まあこれまでこの人がここまで汚れた演技をやること自体がなかったからかもしれないが、上手い下手はともかく、間違いなく「頑張ってる」感じは伝わってくるし、「京女」のイヤミっぷりが、それが前面に出すぎている嫌いはあるにせよ、明確に伝わってきて、なかなか良い味を出している。

 話の展開については・・・ほぼ毎回同じことを述べて恐縮なのだが、やはり内山理名の「立ち位置」が変わりすぎているというか、例えば今回で言えば,江波杏子や貫地谷しほりが見せた「情念」と比べて、この人にとってのそれが何なのかということがとても分かりづらい。今回、田辺誠一や江波杏子に谷原章介を託されたからといって、急に谷原章介のために行動してみたりとか。そもそも田辺誠一が急に「谷原章介に仕えろ」というのも唐突過ぎて分かりづらかったが、それにしても、もうちょっと主人公に魅力がないと、ねえ。
スポンサーサイト

テーマ:大奥~華の乱~ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。