~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】アンフェア(1)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】アンフェア(1)
 ドラマの内容がどうこう言う前に、とりあえずあの殺された女子高生萌え~。(流行語)名前も知らない子ですが、なかなかかわいかったですね。1話で殺されてしまうなんてもったいない!

 ・・・えー、気を取り直してドラマの感想に入ると、とりあえず、もっとギスギスした感じのドラマを想像していたので、思ったよりバランスの取れた感じでよかった。特に、篠原涼子の役柄は、もっととがった(見方を変えれば一面的な)役どころかと思っていたが、細かいところ(例えば、瑛太に入館証を渡すときの「ありがとう」という言葉とか)で「柔らかさ」も見せていて、その辺が「リアル」な感じ。よく言われるところの、篠原涼子の魅力である「ナチュラル」さとも合っていて、なかなか魅力的なヒロインだった。

 物語としては、とにかく登場人物が多い!しかもぶっちゃけ地味なキャストが多いため(毒)、ちょっと頭の中ごちゃごちゃになりそうだったが、当然ミステリーとしてはこれくらい伏線が張ってあったほうが面白くなるのは言うまでも無い。秦建日子の原作は読んだことが無いが、私は脚本家としてのこの人の手腕は結構高く評価しているため、今後の展開に期待したいところだ。また、初のメイン演出と思われる小林義則の演出は、極端にとっぴなことはしておらず、緊張感の煽り方もごくノーマルだが、悪くない出来。篠原涼子が「被害者が最後に見た景色」を見る時の演出など、いくつか印象的なシーンがあった。
スポンサーサイト

テーマ:アンフェア - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。