~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】輪舞曲(2)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】輪舞曲(2)
 断言しよう。平野俊一は凄い!!・・・ホント、日本のTVドラマでこれだけの演出ができるというのはもの凄いことだ。明らかに、彼の演出はTVドラマの可能性を大きく広げている。

 今回で言えば、ウエンツ瑛士を竹野内豊が車で追うシーンの、CGのような実写のような、境界線を曖昧にした撮り方から始まって、死体を巡って、「神狗」と警察、さらに竹野内豊が熾烈なデッドヒートを繰り広げる展開に到るまで、一気に画面に引き込まれる迫力があったし、速水もこみちのいる「神狗」本部の深い青を基調とした映像も、しびれるくらいカッコ良かった。また、渡邉睦月の脚本は、決して全てを語らせず、映像の情報だけで見せていく場面が多いのだが、時に「分かりにくいな」と思うほどギリギリの情報しか見せないやり方を取り(画面切り替えの凄まじい速さがそれを加速している)、しかし最後にはきちんと話として繋がるようにまとめ上げている。ここら辺、脚本と演出の共同作業で、ともすれば分かりやすくしすぎの感もある最近の連続ドラマの中では異彩を放つ作りになっていると言えるだろう。

 竹野内豊とチェジウの絡みはまだまだ「さわり」程度だが、シンヒョンジュン(チェジウの店に来る人ですね)との関わりも含め、おそらくこれからどんどん物語の本筋に絡んでくることだろう。今のところ別々に進行している2本の話がどう繋がるか、早く先が見たいと思わされるドラマだ。
スポンサーサイト

テーマ:輪舞曲 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
すごい!!専門的に見てますね!!自分は単純な話に慣れてしまったせいか?文句ばかりでした!!なるほどね!参考になります!!
2006/01/25(水) 21:32:34 | URL | お気楽 #-[ 編集]
お気楽さん、こちらにもコメントいただいて、ありがとうございます。

知ったかぶって書いているだけで、本当に専門的かどうかは・・・(汗)ただ、輪舞曲の演出は、個人的には結構気に入ってますね、確かに。
2006/01/28(土) 23:39:28 | URL | 優 #-[ 編集]
ビール・洋酒
ビール・洋酒を探すなら http://www.jpnet.info/510915/
2008/09/30(火) 00:12:40 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。