~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】神はサイコロを振らない(2)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】神はサイコロを振らない(2)
 いやー、みんな演技上手いね!・・・なんというか、誰一人としてスベる人がいないというか、このドラマを見ていると、ドラマの本筋とは関係ない、余計なところで「うんっ!?」と引っかからずに済むので、見ていて大変心地良い。まあ地味だけど。

 ・・・と、先週と同じオチを使ってしまったが(自爆)、まあそれはともかく、今回、最後に小林聡美が「自分のタイプとは全く違う山本太郎を(10年前に)私は好きになってしまった」と述べていたが、今回の小林聡美の行動―乗客を第一に考える、という自分の「原点」に戻ったもの―を見ていると、そうなるのがごく自然なことだろうな、というのが良く分かる。話の作りとしては良く出来たものだ。・・・ただ、まさか小林聡美が山本太郎と顔を合わせるのを避け続けていた理由が「10年経った自分の顔を見られたくないから」だったとはね。ちょっと笑ってしまったが、かわいげがあって面白かった。

 ただ、一つだけ気になったのは、佐藤東弥の演出。前回はファンタジーの部分を上手く作っていた点を誉めたが、今回は若干凡庸さが目立った。ぶっちゃけた話このドラマ、キャストも地味なら話も地味なのだから、演出はちょっと工夫しないと、「まあ面白いけど見なくてもいいか」となってしまいかねない。もう一ひねり、努力を期待したいところ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
稀覯本
2008/09/27(土) 02:34:56 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。