~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】白夜行(4)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】白夜行(4)
 ドラマの中でも言っていたが、山田孝之キャラ変わったねぇ。雰囲気的には渡部篤郎に似ている気がしたが、それは単に演技の面でということだけではなくて、山田孝之の役柄が置かれている環境を考えたら、「悪」に染まるとしたら、最も身近なサンプルである渡部篤郎に似るのは自然な成り行きかな、という気がした。特に、元同級生の小出恵介に対する振る舞いがほとんど渡部篤郎の山田孝之に対するそれと同じなのは、ある程度意識した行動なのかな、という気もした。まあ山田孝之自身、いつまで経っても爽やか青春路線のヤマダ君というわけにも行かないわけで(そもそも本人の実年齢を考えたら今の時点で出来ていること自体凄いことだ)、演技の幅、という意味では悪くないかな。けっこう良い演技(わずかに残る良心の呵責に苦しむ様とのバランス、さじ加減が絶妙だった)してたし。

 ただ、肝心の話自体は、山田孝之が嫉妬に狂い、綾瀬はるかが想いを焦がす柏原崇の役柄に、初回の主人公2人に続いて現実味がなく、またしても彼らの苦しみがピンと来ない感に逆戻り。なーんか、製薬会社の御曹司とか、設定が薄っぺらくありません??
スポンサーサイト

テーマ:白夜行 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
野球
2008/09/23(火) 18:22:22 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。