~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】白夜行(5)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】白夜行(5)
 率直に言って、今回の内容を見ていても私には怒りしか湧いてこなかった。この主人公の2人の、どこに感情移入すれば良いというのか。・・・いや、もちろん、当初綾瀬はるかに友人をレイプするよう頼まれた山田孝之が語った「正論」が、綾瀬はるかにとって何の意味も持たないというのは良く分かるし、普段「いい子」にしている綾瀬はるかが、山田孝之にだけ醜い部分を見せる・・・というのも、納得の行く展開だ。

 たーだーし、だからと言ってなんで山田孝之が、後で綾瀬はるかが傷つくだけと分かっているのに、友人のレイプを実行しなきゃならんのか。単に道徳的観点からどうこうということだけではなく、「綾瀬はるかを想う山田孝之」という観点からも、到底納得の出来る行動ではない。「堕ちて行く二人」に対して感情移入し、涙を流せるのは、それがやむを得ざる状況がそうさせるから、という前提があるからであって、このドラマの二人を見ていても自分達の自業自得という要素が強すぎて、何の感情移入の余地もない。むしろとっとと武田鉄矢が捕まえてくれれば良いのにとすら思えてしまうのは、ドラマとして致命的ではなかろうか。
スポンサーサイト

テーマ:白夜行 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
プロデューサーも山田氏も感情移入できないドラマ、主人公を完全否定しながら見て欲しいと言ってました。
まんまとハマっておりますね。
2006/02/09(木) 23:44:34 | URL | なり #-[ 編集]
白夜行
あなたの感じてる「怒り」や「自業自得」・・まさしくそれが「白夜行」の問いかけてる意義なんですよ。ドラマはこれでもかという位醜い人間の闇の業を見せつけます。そこには肯定も否定もありません。だからそれをどう感じるかは視聴者全てにゆだねられています。そして最終回の二人の生き様に愛があったのか、なかったのか、正しかったのか間違っていたのか。答えは100いたら100とうりの感じ方がありそうです。でももしかしたらすぐ隣にいるあの人もそうかもしれませんよ。何不自由なく幸せそうに生きている人ほど裏側には大きな暗い闇を抱えているものです。
2006/02/09(木) 23:52:14 | URL | 月の裏側 #Y1t1DcpM[ 編集]
返信遅くなりました(汗)

>なりさん

やっぱりハマってるんですかね(汗)
ただ、主人公を完全否定しながらドラマを見る、というのはなかなか難しい気もしますが・・・。

>月の裏側さん

そうですね、確かにこの段階で切り捨てるのは簡単なんですが、このドラマの場合、最後までその「問いかけ」への(自分なりの)答えと、主人公2人の行く末を見てみたいという気持ちも(今のところ)僕の中にあります。これからさらにどう「堕ちて」いくのか・・・というところですね。
2006/02/12(日) 16:48:08 | URL | 優 #-[ 編集]
紅茶
2008/09/19(金) 04:12:42 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。