~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】輪舞曲(5)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】輪舞曲(5)
 このドラマにおける渡邉睦月の脚本、ちょいちょい話の中で必要な「ピース」が抜けているのは気のせいだろうか??今回で言えば、竹野内豊と木村佳乃・風吹ジュンが出会ったのは偶然なのだろうか?だとしたら、あまりにご都合主義と言わざるを得ない。9年間音信不通だった息子と「偶然」再会できる(しかもバラバラに家を出たはずの2人が時間を前後して)確率など、無人島で空きビンに手紙を入れて(以下略)と同じレベルであり、リアリティを大幅に損ねている。風吹ジュンは良いこと言ってたのに・・・もったいなさすぎ。

 全体を通してみれば、(早くも)警察をも敵に回した竹野内豊がこれからどういう行動に出るのか、物語の展開としては興味深いところだし、山室大輔の演出も、キレがあって良かった。ただ、サブタイトルが「母の愛!!」(余談だが、このタイトルに「!」を2つ付けるセンスがこのドラマの中でダントツ最低ではなかろうか。もうちょっとドラマ全体の雰囲気とか考えようよ)だったことからも分かるように、今回の話の重要ポイントの一つが竹野内豊と風吹ジュンの関係だっただけに、全体の印象を悪化させてしまった感は否めない。
スポンサーサイト

テーマ:輪舞曲 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
福祉・介護
福祉・介護を探すなら http://www.mikefannon.com/100938/101058/
2008/09/16(火) 11:45:04 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。