~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】輪舞曲(6)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】輪舞曲(6)
 今回も平野俊一の演出は冴えまくってたねぇ。しかも、あの船上での銃撃戦のシーンを見ても分かるように、制作サイドの金銭的なバックアップもバッチリで、それもあって演出の切れ味が存分に生かされていた。

 物語としても、今回で「第一部終了」と言わんばかりの展開で、本来ならラストに持ってきてもおかしくないような内容(竹野内豊の「復讐劇」の行方)を今回に詰め込んだわけだから、やはり見ごたえ十分だった。杉浦直樹が捕まるまでの経過はあっけないと言えばあっけないものだったが、それはまあ、劇中で橋爪功の口からも「あっけない」と言わせていたとおり、これから「第二部」が始まると考えれば、裏のラスボス前の偽ラスボス、というところなのだろう。それでも、竹野内豊に「謝罪しろ」と言われたのに対して、「自分の生き方を否定することになるから」と断ったシーンには、十分な見ごたえがあった。

 竹野内豊とチェジウとの関係で言うと、今回で一件落着・・・と思いきや、チェジウの父親が引き続き「神狗」にいるのが分かったことで、より物語の核心に直接絡んできそうな展開だが、一つだけ気になったことが。竹野内豊が実は韓国人で・・・という設定は、竹野内豊の名字の設定から薄々は感づいていたが、本当にこの設定必要だったのだろうか??別にフツーに日本人の男と韓国人の女が出会って・・・という話でも良かったのでは?それまで全く繋がりの無かった2人が出会い、関わりあう中で恋に落ちて行く・・・という方がナチュラルな気がするのだが、ここで敢えて「韓国人同士」という繋がりを人為的に作る必然性が良く分からなかった。
スポンサーサイト

テーマ:輪舞曲 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
アクセサリー
アクセサリーを探すなら http://www.mladickrealty.com/100026/100094/
2008/09/13(土) 13:07:07 | URL | #-[ 編集]
アディポネクチンでダイエットを考える
脂肪細胞から分泌されるホルモン http://marline5.victoriaclippermagazine.com/
2008/10/15(水) 08:04:32 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。