~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【レビュー】白夜行(8)
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【レビュー】白夜行(8)
 今回は、綾瀬はるかがどうにかして塩谷瞬と離婚に持ち込もうという「戦略」と、山田孝之が、自らにかけられたデータ盗用の疑いを晴らすために佐藤仁美を利用する「戦略」とのシンクロぶりが話の中心だったわけだが、一つ一つの行動の意図が分かりにくかったのは、最後で一本の線に繋がる分展開上「上手い」持ち込み方だから良いとして、最後の「仕上げ」である、「酒に酔った塩谷瞬が綾瀬はるかを殴った」というストーリーを作り上げるための方法が、山田孝之を家に招きいれて代わりに殴らせることだったとは・・・。確かに展開上切なさを誘う部分はあるが、ちょっとやり方が強引というか、「証人」になってくれるはずの友人がその「殴られた」物音だけ都合良く聞いて、山田孝之が入ってきた時の物音は聞いていない、というのはいささか不自然だ。展開にちょっとムリがあるように感じた。

 元恋人の事件と、山田孝之・綾瀬はるかとの関係の調査を柏原崇が武田鉄矢に依頼する・・・という展開は、柏原崇の「執念」が感じられて良かったのだが(「彼女が幸せになってから」というのが、より強い執念を感じる)、最後、山田孝之が「死んでも良いと思ったんだ」と連呼しながら西田尚美と関わりを持とうとしていたのは良く分からない。来週以降明らかになるのだろうが、終盤に来てさらに登場人物を増やしても、物語が散漫になるんじゃ・・・という懸念は若干ある。特に、西田尚美が、「山田孝之と同じような境遇にいる」というあたりの見せ方がベタベタだっただけに、その懸念は強まるところだ。
スポンサーサイト

テーマ:白夜行 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
寝具
2008/09/06(土) 18:17:24 | URL | #-[ 編集]
ウエイトリフティング
ウエイトリフティングを探すなら http://www.karin-mamy.com/101070/502056/
2008/10/08(水) 09:19:45 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。