~FC2BLOGランキングに参加しています~ 優倶楽部blog【順位予想】鹿島アントラーズ
優倶楽部blog
サッカーJリーグ・川崎フロンターレと、TVドラマをこよなく愛する男のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【順位予想】鹿島アントラーズ
鹿島アントラーズ 予想順位・3位


資金力:A

フロント:A

監督:A

戦力:-5%


主なIN


GK

DF

MF

FW:柳沢

他計5名


主なOUT


GK

DF

MF:リカルジーニョ・阿部

FW:鈴木・中島

他計5名

 6年もの長きに渡ったヒゲ政権から、ようやく政権交代と相成ったわけだが、クラブ選手権制覇、日テレ的に言うところの地球一のアウトゥオリ監督をサンパウロから強奪できたのは成功だろう。ブラジル国内でのキャリアはもちろん、国外でもペルー代表監督まで務めるなど、監督としては最も油の乗った時期の人物であり、そうハズレることは無いと見る。久々の体制交代によるリフレッシュ効果もあって(過去2年半、クラウデシール強行起用で選手の信頼を失ってからのセレーゾ体制には、どこか停滞感が付きまとっていた)、良いサッカーをする可能性は高いのではないだろうか。

 戦力的に見ると、序盤戦は柳沢の復帰の有無、それ以降は小笠原の移籍の有無と、あった場合の補強の成否がポイントとなるだろう。前者は、これがないとFWの層が薄くなりすぎており、特にゲンクのレッドスター移籍によってキープできるFWがアレックスミネイロしかいなくなってしまっている。これでは、いくらなんでも優勝争いという観点では勝負にならないだろう。

 一方後者は、移籍そのものは、これまでの経緯を見る限りほぼ決定的とすら言えるが、その場合、補強が必須なのはもちろん、小笠原に代わって中盤を仕切りまわせるレベルの選手を「引き当てる」のが絶対に必要になる(去年のリカルジーニョや、ましてやアリのレベルの選手では全然お話にならない。まあリカルジーニョはケガさえなければそこそこやれたのかもしれないが)。

 前者を前提として(3/4追記・柳沢は復帰が決定)、後者にも成功すれば、久々のリーグ優勝もあり得る、と私は見ている。ただ、不確定要素が多い分、その可能性はそれほど高いとは言えない。「3番手」というのが、私の見立てである。しかも、先行するFマリノス・レッズからは若干水を空けられての3番手である。一昨季に一試合平均で3,500人減少した観客動員は、昨季優勝争いしたにも関わらず1,000人程度しか回復しなかった。牛島社長をはじめとする現在のフロント陣になってから顕著になった選手の人気頼みの集客戦略が明確に限界を露呈し始めている中(「フロント」の評価をSからAに格下げせざるを得ない)、なんとか成績を出し続けることで窮状脱出を図りたいところだが・・・。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
有効求人倍率と30代,40代の転職
有効求人倍率とは、職業安定所(ハローワーク)に登録された有効求人数を有効求職者数で割った数値のことをいう http://potter2.misterblackband.com/
2008/09/04(木) 23:55:45 | URL | #-[ 編集]
ガーデニング
ガーデニングを探すなら http://www.tabayuya.jp/100005/100012/
2008/10/06(月) 09:22:08 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。